住宅用建材商品一覧ビル用建材一覧
HOME商品一覧>住宅用建材:日鐵住金ラス(Nラス)

日鐵住金ラス(Nラス)(高性能左官下地材)

強さ、加工性、断熱性等、優れた性能を発揮します。
イメージ  日鐵住金ラス(Nラス)は、当社の技術により開発した独創的な左官下地材です。
 縦横に組まれた鉄線に丈夫なクラフト紙が挟み込まれ、さらに裏打紙と一体化した、軽いボード状の日鐵住金ラス(Nラス)は、その強さ、加工性の良さで、断然他を圧した左官下地材です。日鐵住金ラス(Nラス)を使用したモルタル壁は、実に多くの長所を備えており、その実力は皆様から高く評価されております。

特長

日鐵住金ラス(Nラス)を使ったモルタル壁はなぜ強いのか。

1 日鐵住金ラス(Nラス)は・・・
日鐵住金ラス(Nラス)は1.6mm、2.0mmという今までのラスにない太い鉄線を使い、その縦横の交点は全てスポット溶接されている強いラス材です。また、亜鉛引鉄線を使用していますので、ラスの腐蝕を防止し、一般ラス材に比ベモルタル壁のはく落 を長期間防止します。
2 クラフト紙の孔から・・・
クラフト紙の孔から押し出されたモルタルが、しっかりと鉄線をかかえ込み、強い足がかりをつくります。また日鐵住金ラス(Nラス)には、ステープルを打ちつける位置に波づけがほどこされていて、鉄線はモルタルの中に完全につつみ込まれます。こうした特殊な日鐵住金ラス(Nラス)の構造は、モルタルとラスの付着強度が強く、いうなれば 《鉄筋モルタル壁》をつくり出します。
3 日鐵住金ラス(Nラス)は・・・
湿式通気工法に最適で、通気胴縁にステープルで止め付けるだけで下地が完成する工期のすばやさと、1.6mmと2.0mmの亜鉛メッキ鉄線で構成された強い構造で、補助胴縁の施工が不要と、日鐵住金ラス(Nラス)ならではのすぐれた特長です。

こうした合理的な日鐵住金ラス(Nラス)の構造はモルタル壁のキレツを最少限度にくい止め長持ちさせる。

1 波づけが施されているので・・・
日鐵住金ラス(Nラス)には、ステープルを打ちつける位置に波づけが施されていて、鉄線はモルタルの中に包みこまれます。またクラフト紙の孔から押し出されたモルタルがしっかりと鉄線をかかえ込み強い足掛けをつくります。
2 日鐵住金ラス(Nラス)壁は・・・
日鐵住金ラス(Nラス)壁は、鉄筋モルタル壁ともいうべき強い壁をつくりだします。

裏側にガッチリくいこんだモルタルのイメージ
ページのトップへ

仕様

普及タイプ

日鐵住金ラス(Nラス)は、縦4cm,横5cmの間隔に1.6mmの亜鉛引鉄線、さらに横15cm間隔に2.0mmの補強亜鉛引鉄線を、特殊スポット溶接で網状に組み、鉄線の間に孔あきの丈夫なクラフト紙がはさみ込まれ、さらに、防水性のある良質のターポリン紙で裏打ちされています。
製品名 記号 寸法

質量
Kg/m²

1枚当りの
有効面積

坪当たり
の枚数
1枚当りの
製品重量
梱包
梱包数量 梱包質量
日鐵住金ラス NA-11880 708×1910mm 0.84 1.21m² 3枚 1.5Kg 20枚 30kg

●パネル全体図
パネル全体図
●構造の説明図
構造の説明図
ページのトップへ

日鐵住金ラス(Nラス)を通気工法以外(モルタル直塗り工法)でご使用される場合のご注意

2009年10月1日以降に引きわたされる新築住宅に関して、国土交通省より住宅瑕疵担保履行法が施工されました。この事を受け、この法律に基づく国土交通大臣認定の保険機構の施工仕様書が作成されました。その仕様書によりますと、モルタル直塗りの場合は、下地の防水紙はアスファルトフェルト430以上を使用する事とされており、弊社日鐵住金ラス(Nラス)を、直接柱に施工した場合、上記保険機構の保証対象にならない恐れがあります。ご使用の際は、予め関係部門にご確認をお願いいたします。
*通気工法で通気胴縁に直接取り付ける場合は問題ありません。